« Nikon D300 修理点検中 | トップページ

D300の代替機

点検修理となったD300の他に、撮影可能なデジタル一眼レフ機を所持していないため、コンパクトデジタルカメラで撮影するか、新たな代替機を調達するか、はたまた撮影自体を我慢するかを考えていましたが、結局、新たなカメラを購入しました。
購入したのは、Nikon D3300。以前利用していたD50と同様、Nikon デジタル一眼レフカメラの中では、ローエンドの入門機と言われるモデルです。
D300と同様の機能、あるいは同格として考えると、今春発売されたD7200となるのでしょうが、高機能カメラを2台使いこなせるほどの技量も無く、それ以前に財力が伴いません。

150426d3300_p1010104a 150426d3300_p1010107 150426d3300_p1010114a

カメラ本体のみの購入で、予備バッテリーと16GBのSDHCカード、液晶保護フィルムを追加購入しました。この写真では、AF-S DX Nikkor 35mm F1.8Gを装着しています。
ちなみに、D50(レンズキットの18-55mmズムレンズ装着)と並べてみると
150426d3300_p1010121a
D50よりも、さらに小さくまた軽量です。

ただ、実際に撮影で利用する機会が多いのは、高倍率ズームレンズです。
TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di Ⅱ VC PZD(Model B008) を付けてみました。

150426d3300_p1010113afb

望遠側でレンズが延びた状態では、カメラ本体が小ぶりなためレンズの存在感が際立ちそうです。
そんな、D3300で撮影してみたところ、D300を購入した時からの7年間のデジタルカメラの進化を感じる結果ともなりました。D3300は、D300と同じDXフォーマットですが、画素数は約2倍弱となっています。また、ローエンドモデルならではで、撮影自体も細かい設定はカメラ任せで、簡単に撮影できるような機能が優先されています。
で、そのお任せ機能で撮影した画像は、正直D300で撮影した時よりも、画像の仕上がりが綺麗に見えます。この違いはカメラの機能の差もあるでしょうが、一番は撮影者の腕の問題。D300は、撮影者の技量がそのまま画像に現れるのに対し、D3300ではカメラ側の機能で撮影者の技量の差を吸収してしまうのではないかと感じています。

で、小さくて軽いD3300で、そこそこ綺麗な写真が撮れるとなると、修理から帰ってきた後のD300の活躍の場が、思いの外狭まってしまうかもしれません。(^^;)

« Nikon D300 修理点検中 | トップページ

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Nikon D300 修理点検中 | トップページ