« 今年の中国は要注意 | トップページ | スマホ普及率 »

レンズ修理で代役購入

次男と三男の野球の試合とかイベントで、デジタル一眼レフカメラ(Nikon D300)で数多く撮影をしていますが、5年前から主力として使っているズームレンズ(Nikon AF-S DX NIKKOR 18-200mm F/3.5-5.6 ED VR)が、故障してしまいました。
不具合の症状は、オートフォーカスが無限遠から最近傍までのフォーカス動作を繰り返して、結局フォーカスが定まらないというものです。
マニュアル操作でのフォーカス合わせは可能ですが、撮影技量が低い私には、ズームをしてかつフォーカスも手動で合わせるという複合技は会得できていないため、撮影に支障を来すことに。
偶々別件で会社を休むことにしていたので、Nikonのサービスセンターに持ち込み診て貰いましたが、やはりオートフォーカス機構の故障と言うことで、1週間程の預かり修理となりました。

困ったことに、会社を休む理由となっていた別件では、このズームレンズでの撮影を予定していたので、急遽代替品を検討することに。
まずは、手持ちで代わりになるレンズ(焦点距離が同等の物)を考えると、古参のD50のレンズキットになっていたズームレンズ2本がありますが、操作性(手ぶれ補正がない、広角側と望遠側でレンズ交換が必要等)が劣ってしまい、時間制限のあるような場面ではスムーズに撮影が出来ない畏れがありました。また、キットレンズは、限定発売のシルバーカラーなので、D300に装着すると若干違和感
も覚えます。汗
他に、1本でズームというと70~300mmや、28~75mmと広角側や望遠側いずれも「帯に短したすきに長し」な状態。

と言うことで、お手軽ワードズームレンズをもう一本調達することに。
(この日だけでなく、修理期間中となる週末にも撮影の予定があることも購入の後押しに)
候補は、次の4本
1.Nikon AF-S DX NIKKOR 18-200mm F/3.5-5.6 ED VR II
2.Nikon AF-S DX NIKKOR 18-300mm F/3.5-5.6 ED VR
3.TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B008)
4.SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 

1.は、修理品の改良型純正レンズ
2.は、望遠側が拡張された修理品の発展型後継レンズで、Nikonの純正製品の中で今一番人気のある製品の模様
3.と4.は、レンズ専業メーカーの互換製品で、望遠側の距離が純正品2品の間に収まっている物。
3.と4.の機能面の大きな違いは、3.は望遠側に強く、4.はMACRO機能(最短撮影距離が短い)があること。
(ズームリングの操作方向が逆という違いもありますが)
値段は、2.>1.≫3.≒4.という感じ。
1.と3.の間は1.8倍ぐらいの差があり、3.と4.では、若干4.の方が安いが、差は僅かでした。

レンズを修理に出してボディだけとなったD300を持って家電量販店行き、候補レンズをとっかえひっかえ試してみました。
まず、価格面で純正品2品が候補から脱落。
性能や操作面では文句はありませんが、全く同じようなレンズとなるだけに、費用を抑えることを最優先としました。
3.と4.では、店頭での操作性や性能に明確な差は感じられず、最終的には自分がズームレンズを使う撮影場面を鑑み、MACRO機能よりも望遠側の方が重宝するとして、3.のレンズを購入しました。
費用面では、1.の購入費用 ≒ 修理見積もり(最大掛かる金額)+4.の購入代金 という感じ。
ちなみに、修理完了後はどうするかですか、最近出番がないD50に付けて、サブカメラとして活用出来ればと考えてます。

« 今年の中国は要注意 | トップページ | スマホ普及率 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の中国は要注意 | トップページ | スマホ普及率 »