« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の5件の記事

アサヒドライゼロ

きな臭い話題が続いてしまったので…(苦笑)

ビールテイストの清涼飲料(ノンアルコールビール)の一つ、アサヒビールのドライゼロは、最近お気に入りになってます。休日の日中でも、外出時の足を気にせずに飲めるのが嬉しいです。
この商品は、アサヒビールの主力であるスーパードライに似せた風味やのど越しを売りとしているようです。そのため、パッケージの外装デザインも、スーパードライに似たものとなっていて、他のライバルメーカーから問題視されたこともあったようです。

飲んだ印象は、ほぼメーカの広告通りで、そっくりとまでは言いませんがスーパードライを飲んでいるような気分にさせてくれるものでした。個人的には、なかなか飲み応えのある製品だと感じているので、ドライブ等での外出先でも飲んでいます。

してやられた!

と、いう感じのある北朝鮮のミサイル発射。
韓国などは打ち上げ前の情報戦でもはめられたようですし、計画通りの結果となって北朝鮮側はほくそ笑んでいることでしょう。。

国連安保理では緊急会合が開かれるようですが、まあ北朝鮮に対する効果的な制裁など期待できないでしょう。
他地域の紛争ですら、まともに解決する能力を安保理は発揮してきたとは言い難いし、この問題では盗人猛々しい中国が後ろ盾にもなるでしょうから。
やはり、訳の解らないおかしな輩が近くにいる以上、自分の身は自分で守るしかないと思いますがね。

ええ加減にせぇよ!

大人しくてらぁいい気になりやがってぇ! と、最近とみに憤ることが多くなりつつある、尖閣諸島での中国艦船による領海侵入事案

---------------------

(12/13追記)
とうとう、飛行機まで繰り出しやがった!!
武力対峙しないという日本を見下している。
完全なる主権侵害、侵入ではなく確信的侵犯であるのだから、より強行な対応が必要であろう。

敢えて想定外に

私の家からカミサンの実家に車で行くときですが、東京湾アクアラインを良く使います。
開通当初から通行料金の高さが話題になっていて、何度か値下げや割引施策が採られてきましたが、今でもやっぱり割高ではあります。それでも、他の経路を利用するよりも時間と距離が短縮され、かつ渋滞の頻度も少ないので利用しています。

アクアラインのトンネルは、先日天井板崩落事故が起きた笹子トンネルと同様の構造だそうで、きちんと管理していなければ天井板が落ちてくるかもしれません。笹子トンネルよりは開通年数が比較的近年なので、直ぐには大丈夫かと思いますが、海底下なので腐食の問題は厳しそうです。もっとも、天井板が落ちることは考えたら通れなくなりそうですが…

個人的には、天井板よりも地震や津波のリスクの方が高いだろうと考えています。
設計上は、関東大震災よりも大きい規模の地震(首都直下型等)の揺れに耐えられるらしいのですが、東日本大震災での巨大津波が東京湾で起きたら、無事ではすまないのは確実です。特に9.6kmのトンネル部は、制限速度70kmでは通過に8分以上かかります。速度違反承知の100kmで走行しても6分弱。トンネル進入直後に地震が起きてもスムーズに走行できれば何とかなりそうですが、渋滞中だったり地震による路面損傷などあったら、トンネルを抜ける時間はもっとかかってしまいます。
また、自動車の走行が不可能な状態では、路面下の緊急通路を徒歩で避難しなければいけません。そうなると、避難に要する時間は数十分から1時間を越える可能性も出てきます。そこへ、10mを越える津波が襲ってきたら…((+_+))

なんてことは想定せずに、いや、通り抜けるまで地震は起きないでね!と願いながら、毎回利用している次第です。

不良品2つ

最近、2回ほど食料品に関する不良品に出会いました。

一つは、カミサンが出会ったもので、ネット販売で購入したポテトチップスでした。
不良の内容は、通常、ポテトチップスはアルミのような袋に不活性ガスが充填され、膨らんでいるのですが、これがぺしゃんこに萎んでいたというものです。
カミサンはメーカーのお客様相談室へ連絡し、メーカーへ返品と言うことになりました。
後日、メーカーから代金と不良の発生原因の調査結果が送られてきました。原因は、袋詰め後の密封工程で、商品(ポテトチップス)の一部が挟まり、結果密封が不完全となりガス漏れが起きたということでした。ガス漏れが徐々に起きたため、製造工場からの出荷段階での検査では見過ごされたようです。

もう一つは、スライスされた食パンです。
1斤単位で、4~10枚にスライスされた食パンが袋詰めされて売られています。
私が購入した8枚切りの食パンに、9枚目が押し込まれていたと言う不良でした。
これは、購入時に商品棚で見たときには気付かず、開封して1枚目を取り出した際に気付いたものです。商品の上側(店頭の陳列棚で目に付く側)は、普通に8枚入っているように見えました。が、開封して1枚目を取り出そうとしたとき、普段なら何の抵抗もなく取り出せるものが、引っかかる感じでなかなか取り出せず、取り出したパン自体も下の方が押しつぶされたようになっていました。そこで、袋の中を見てみたら、そこに押し込められていた9枚目のパンを見つけたという次第。
9枚目のパンは、2/3ほどが袋の底で横倒しになり、残り1/3が折り曲がって入っていました。おそらく、何らかの理由で1枚だけ先に袋の中に入ってしまい、後から既定どおりの8枚のパンが入ってきて押し潰されたということなのでしょう。
こちらについては、若干潰れていること以外にパン自体に問題は見当たらなかったので、メーカーや販売店に連絡することなく、美味しくいただいてしまいました。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »