« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の4件の記事

Google プロフィール復活

夏に資格保留となってしまったgoogleのプロフィールですが、先日、資格保留が解除されて復活してました。
プロフィールの修正と再審査申請をしてから、2ヶ月経ってようやくという感じです。
ですが、保留解除(復活)についてはgoogleから何の連絡も無かったので、いつ復活したのか正確な日時は判りません。
先日、しばらくぶりにプロフィールの詳細を見たら、停止が解けて復活していたという状況です。
この時期に復活した理由はもちろん不明ですが、10日ほど前にgoogle+のフォーラム(グループ)の専用掲示板へ、保留解除依頼の投稿をしたのがきっかけかもしれません。
とりあえずこれで、google+にも移行が出来ます。ふぅ

衝動買い その2

デジタルカメラの修理依頼をした帰り道、以前100円ショップだったところが靴屋に衣替えしていました。
で、この日はたまたま開店記念セールの最終日で、表示価格の20%オフで買えるとの触れ込み。
ちょうど履いていたスニーカーのつま先部分のゴム(靴底から一体となったもの)が剥がれて来ていたので、いい物があればと店の中を覗いた所、出会ってしまいました。
スニーカーは、他にも2足ほど持っていますが、街中の普段履きで防水加工したものが、履いていた1足しかなく、その防水機能が不安となる状態であったことと20%オフが決め手で買ってしまいました。
とは言うものの、今はいているスニーカーも、見た目だけ悪くて雨が降らなければまったく問題なく使えるので、新しい靴のデビューは当分先となりそうです。

衝動買いの秋

「スポーツの秋」、「読書の秋」、「食欲の秋」等々、昔から秋にはいろいろな冠がついて語られてきました。
その流れに準じて言えば、この1週間の私は、さしずめ「衝動買いの秋」ということになりました。

まず、何を衝動買いしたかというと、コンパクトデジカメです。
買ったものは、Panasonic LUMIX SZ-7 というもの。
衝動買いといっても、特売をしていたと言うことではなく、今まで使っていたカメラに不具合が起きたので、その代替として買ったものです。
今まで使っていたのは、正月初売りの特売で買ったSANYO(Panasonic) X1250というモデルですが、カメラ背面の液晶が部分的にブラックアウトしていて、撮影画像には問題が無いものの撮影時の設定内容や構図の確認に支障をきたしていたため修理に出すことにしました。その修理の間にデジカメを使う予定が出来たため、急遽購入した次第。

では、何故SZ-7を選んだかという理由ですが…
・本体サイズは、極力X1250と同等のものとして、大きく重いカメラにはしたくなかったこと
・光学ズームで10倍以上のモデルであること
・価格として1~2万円程度であること
が前提としてあり、それに該当するカメラの中で使用経験のあるNikon、Panasonic、Olympusのメーカーから一番好条件となったのがSZ-7でした。

Sz7_dsc_4112atr


で、購入時にはSDHC16GBカードと交換電池を合せて購入(これは、私の場合お約束のようなもの)
価格は、ネットの最安価格には遥かに及ばないものの、おまけでミニ三脚(KENKO製だった!)とカメラポーチを貰いました。

ちなみに、修理に出したX1250は当初有償修理という前提で、費用次第では修理しない(事実上引退)ことも考えましたが、有難くも無償修理となったので、子供の専用機として使えることになりました。

ロコモティブシンドローム

10月半ばとなり「スポーツの秋」ではありますが「食欲の秋」の方が勝っていて、メタボ改善が思うように進まない今日この頃です。

昨今、中高年世代については、メタボリックシンドローム(メタボ)のみならず、ロコモティブシンドローム(ロコモ)なるものにも注意しないといけないとか。
(詳細はこちら、http://www.locomo-joa.jp/ )
なんでも、運動機能の衰えから、高齢になった時に寝たきり等の運動障害から、介護が必要な状態になる可能性のある人たちのことだそうです。Webには簡単なチェックもできますが、一つでも該当するとロコモの可能性が高いとのことで、私もしっかりシンドローム該当者になってしまいました。

が、これって実生活ではメタボになっている人のほとんどが、ロコモにも該当しそうです。
詰まる所、飲み過ぎと食べ過ぎを控えて、運動を習慣づければ、共に解消されるようですが、これを続けることのハードルが高いのですよねぇ…

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »