« 録画失敗 | トップページ | 冬物バーゲン »

こうもりも?

この冬猛威をふるったインフルエンザ。
昨年まで話題となった新型ではなく、以前から流行を繰り返した型のようですが、どうもウイルスがマイナーチェンジをして予防接種が効きにくくなっていたとの見方もあるようです。ちなみに、私はワクチンの接種を受けていませんが、幸いにもこの冬はインフルエンザには罹患していません。

今、恐れられているのは、毒性の強い鳥インフルエンザが人感染型に変異することですね。この新型は、事前にワクチンが作れないために、感染が始まれば今冬のような爆発的な感染(パンデミック)になることも懸念されています。
そんな脅威がまた一つ増えそうなニュースがありました。
今回、南米に生息する蝙蝠の中から、新たなインフルエンザウイルスが発見されたと言うものです。幸い、今すぐ人間に感染するものではないとのことですが、鳥よりは人間に近い哺乳類ですから、人に感染するウイルスの変異のリスクの高さは、鳥インフルエンザに勝っても劣らないのではないかと危惧してます。(実際、今ある感染症のに中には、蝙蝠が媒体となって人間への感染が始まったものもあるとのことですから)

« 録画失敗 | トップページ | 冬物バーゲン »

ニュース」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 録画失敗 | トップページ | 冬物バーゲン »