« 久々のバーボン | トップページ | 孫の手 »

笑顔が無ければ

ローザンヌの国際バレエコンクールで、日本人女子高校生が見事に優勝したそうです。
スキーのワールドカップ大会でも、ジャンプとノルディック複合で日本人選手が優勝を飾るなど、とても嬉しいことが続いています。

が、なぜか盛り上がっていないと言うか、単純に喜びと嬉しさが気持ちの中に満たされないというか…

優勝した選手は、自らの才能を卑下することも驕ることもなく、血を吐くような努力を重ねての栄冠獲得だと思います。そのことは本当に素晴らしいことですし、祝福を送りたいと思うのが普通です。が、その気持ちをかき消すような、得体の知れない重ーい気持ちがぬぐいきれないと言う感じです。

いや、その気持ちに負けてはいけない。
例え作り笑いみたいになっても、笑顔で祝福しなければ…

« 久々のバーボン | トップページ | 孫の手 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々のバーボン | トップページ | 孫の手 »