« クリスマスにアイスケーキ | トップページ | 2011大晦日に »

日本の道路は自転車に優しくない

大分以前から、自転車の道路での扱いの中途半端さは問題視はされていましたが、震災後の自転車利用者増加によりその問題がクローズアップされてきたようです。

自転車は、法規上は軽車両と定義されています。歩行者とは明確に違い、あくまでも車両の仲間となっていて、通行する場所は歩道ではなく車道と既定されています。
が、今の道路環境では、車両として車道を走るのはそこそこ勇気と技術が求められるでしょう。車も運転しますので、自転車と一緒に走る場合には気を使います。故に、歩道を走っても良いとされていますし、信号も一般車両用ではなく歩行者用信号に従う(一部は自転車専用の信号が設置されている場合もあります。)こととなっています。
私も震災後に自転車の利用機会が増えましたが、広い歩道があればやはり歩道を走ります。その代り、歩道では歩行者が優先なので速度は出せません。
車道では速度も出せますが、交差点での左折車両や路上駐車車両との干渉が煩わしいです。信号も、車道を走る以上車両用に従うべきですが、歩道を走っていれば信号をスルー出来る場合もあります。
自転車通行区分帯の設置などの試みもありますが、極めて限定的でしかありません。
また、事業者などの車利用者の利害と相反する面もあり、設置も進まないようです。

今の道路設備は軽車両以外の車両と歩行者を区分していますが、軽車両を意識した対応とはなっていないと言えます。なので、利用者自身が注意するしかないのが厳しいところですね。

« クリスマスにアイスケーキ | トップページ | 2011大晦日に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスにアイスケーキ | トップページ | 2011大晦日に »