« プリンタ復活 | トップページ | 民主党の代表選挙 »

民主党の矛盾

国家の運営は、私など一庶民が思いも及ばないほど様々な要因を考慮しなければならないと思います。
その中には、相反する要素や矛盾する関係も多々あるでしょう。
そのバランスを考えていくのが、政権運営のつぼなのかも知れません。
今思いつくだけでも
 温暖化効果ガスの排出防止の国際的な約束の達成と原発の廃止問題
  前にも記事にしましたが、現状、原発を廃止し再生可能なエネルギーを利用した発電に切り替えるのは一朝一夕ではありません。
  稼働を停止した原発の代替としては、当面火力発電が有力視されています。
  ですが、火力発電は二酸化炭素を大量に排出します。鳩山首相時代の国際公約を民主党政権はどうやって守るつもりなのでしょうか
 震災復興費用の財源確保と財政健全化
  震災とその後の原発事故の影響は果てしなく大きく、その復興と原発事故被害への補償も莫大なものになるでしょう。
  ですが、景気低迷で税収は増えず、赤字国債(新たな借金)でしのごうとしています。
  でも所詮は借金なのですから、いずれ返済しなければなりません。その財源は税金となるはずですが、どう確保するかが不明です。
 電力確保と景気回復
  原発が次々と稼働停止となる中、日本全国どこに行っても電力不足と節電が声高に叫ばれています。
  電力不足の影響を一番受けているのは、工場などの大口消費者となるメーカー各社とのこと。
  以前のように原発が動けばよいのでしょうが、今はそうはいかず。加えて、菅首相の脱原発・自然エネルギーへのシフト宣言もあり、電力不足はすぐに解消しないばかりか、将来的には値上げの要素も出てきました。
  そうなると、メーカーはより安いコストを求めて、外国へ移転してしまうかもしれず、国内の景気回復も難しくなってきます。
  
と言うようなことを、菅総理(代表)の後継選挙で候補者の考えが聞かれるかと思いきや、有力候補は「挙党一致」が大事として、最大実力者とされる小沢氏の支援を取り付けようと必死の様相です。
政策論争を前面に出した候補者は、悲しいかな蚊帳の外の扱いです。
民主党は国民の期待に応える、国民の目線の政治を標榜していたはずですが、ここでも寄り合い所帯の矛盾が出ている感じです。
ホント、お先真っ暗というか、希望が持てない日本の政治と言わざるを得ない現状が、とても悲しいです。

« プリンタ復活 | トップページ | 民主党の代表選挙 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プリンタ復活 | トップページ | 民主党の代表選挙 »