« 民主党の矛盾 | トップページ | 50th »

民主党の代表選挙

ようやく、菅総理が退陣を表明し民主党の代表戦が始まりました。
って、この3ヶ月間は何だったのでしょうかねぇ…

それはともかく、昨日の記事でも書きましたが、代表候補者が異口同音に「挙党体制」とか「全党一丸」と言っています。私個人としては、これほど欺瞞に満ちた言葉は無いのではと感じています。
マスコミの影響も多少はあろうかと思いますが、小沢市を軸に二分されるのはほぼ間違いないでしょう。それ以前に、今の民主党はそれこそ政治理念や主義主張が折り合わないグループも混ざった寄せ集め集団ですから、最初から挙党一致など無理なのではと思います。それは、民主党が政権を担ってからの公約(マニフェスト)の実現にかかる迷走振りを見れば判ります。

なので、民主党の候補者の方々、勘違いしないでくださいな。
民主党を根っから支持している人を除く多くの国民は、民主党が一枚岩になるかどうかよりも、この先の日本の政治の方向性や生活を守るための政策を、どれだけ早く、どう実現してくれるのかが知りたいのですからね。

« 民主党の矛盾 | トップページ | 50th »

ニュース」カテゴリの記事