« 思わぬ副産物 | トップページ | 放射性物質の行方 »

菅首相の政治家主導とは思い付きか?

以前、自民党の小泉首相は、郵政改革以外の政策案件の方向性について自らの考えを公にはせずにいたため、マスコミから「丸投げ体質」と批判されてた記憶があります。

で、現在の菅首相。
東日本大震災の発生とその対応に係る動きでは、矢継ぎ早に会議や対応方針を自ら指示しているように見えますが、一方では根回しを全くしていないかのような唐突な印象もあります。
ここ数日で話題になった原発のストレステストの件も、そんなやり口のの一つのように見えます。

民主党は、政策は官僚ではなく政治家主導で決めるべきとの主張で政権につきました。当初は、そのことによる改善効が認められる部分もありましたが、ここへきて空回りしているようです。
未曽有の大震災への対応は、政官一体となって迅速に行われるべきと発生直後から言われているのに、政官どころか政府と党も分離して首相一人が暴走しているかのように見えて仕方ありません。
やはり理想論で生きてきた政党出身者は、待ったなしの火事場ではまったく使えないみたいですねぇ。

« 思わぬ副産物 | トップページ | 放射性物質の行方 »

ニュース」カテゴリの記事