« エアコンは節電でも… | トップページ | 体力の低下か »

節電のための在宅勤務?

関東では、早くも真夏日の暑さとなり、これからの本格的な夏に向けて、様々な節電対応策が議論されていますが、その一つに勤務時間のシフト(休日や深夜時間帯での勤務)や在宅勤務があります。

自分自身に当てはめてみると、会社の業務の性格上、勤務時間のシフトは出来ないので、出来るとしたら在宅勤務。ただし、光熱費、冷房代、それにパソコンの電気消費量のみで言えば、会社で仕事をするよりも家にいる方が、確実にアップします。なぜなら、会社のPCは省エネ・省スペースタイプであるのに対し、家のものはタワー型でかつ電源容量も大きめなためです。加えて、PCからの発熱も大きく、エアコン無しで日中パソコンを稼動させるもためらうほどの暑さとなります。ならば、省エネタイプに買い替えるかとなりますが、我が家ではPCよりも優先順位の高い世代交代待ちの家電(エアコン、テレビ他)がいくつか存在していて、とてもパソコンまで資金が廻りません。

ということで、我が家の場合には、理論上は会社に行った方が省エネになるのではないかと考えています。

« エアコンは節電でも… | トップページ | 体力の低下か »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エアコンは節電でも… | トップページ | 体力の低下か »