« 菅政権 | トップページ | 今年は台風当たり年? »

原発の情報

ここへきて、東京電力福島第一原子力発電所の震災被害後からのいろいろな経緯についての問題が、改めて問われているようです。結局のところ震災により原子力発電所の設備がどれほどの被害を受けて、原子炉本体がどういう状況になっていたかは、現場でも直後には正確に把握できていなかったし、ましてや東京の本社サイドにもすべての情報が伝わっていなかったということのようですね。

で、震災発生直後に原子炉の状態は深刻ではないという見解(見方)が多かったように思いますが、これも正確な情報に基づくものではなく、単に危ないことを示すデータが無いから大丈夫だ(ろう)という、何とも楽観的な結論だったとなります。海外からは、水素爆発などの事態の深刻さに対して、東京電力と政府が発表する情報の少なさに、早くから隠ぺい疑念の声がありましたが、把握すべき情報が把握できていなかったという事実を曖昧にしていたことは否めないでしょう。マスコミも、このあたりについてはあまり追求してこなかったように見えます。

このような状態では、今後の政府・東電の発表する情報に対して、本当に信頼できなくなります。今や、放射性物質の漏えいは止められません。今後は、放射性物質が何処でどれほど出ているのかという情報を、こまめに正確に把握して公表することが必要ではないでしょうか。(もちろん、原発の状態を安定化させて放射性物質の漏えいを止める対応は必須です。)

放射性物質による被ばくは、もちろん防止しなければいけませんが、そのリスクの考え方は人それぞれでしょう。ある程度のリスクを受容する人もいるでしょうし、徹底的に排除したい人もいるはずです。画一的な計画避難指示だけ出しておけばよいというものではないと思うところです。

« 菅政権 | トップページ | 今年は台風当たり年? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 菅政権 | トップページ | 今年は台風当たり年? »