« エネルギー政策 | トップページ | 原発の情報 »

菅政権

東日本大震災により延命されたと揶揄されている菅政権。
私は、もともと民主党政権の政権運営には懐疑的な立場だったので、今の体たらくも半ば当然と見ていますが、取って代わる筈の自民党もだらしないので困りものです。

で、今では民主党内でも「菅下ろし」と言われるような政権交代の動きが報道されていますが、これまた私としては困ったものだと感じています。なぜかと言えば、その中心になっているのが、鳩山前総理と小沢元代表であるからです。鳩山氏は、朱宋時代に全く持って現実離れした感覚で宇宙人と揶揄され、それが金銭問題に発展して辞任しました。その後、自らの信条(公約とまで言ったはず)で国会議員を辞職するとまで言っていたのに、今になって政権復帰を狙っている、まさに二枚舌な状態。一方の小沢元代表。確かに政治家としてのカリスマ性には、民主党内では他に類を見ないものがありますが、私から見れば国運を任せるほどの信用を感じられない人間です。その理由は、所属していた自民党時代の派閥での動きから今日までの政党の結成と解党の繰り返しからくるもの。すなわち「数(=金?)のみこそ力」という匂いが強いためです。

とはいえ、私自身は不満だけを述べる小市民に過ぎませんから、今の政治家の方々に頑張ってもらわなければいけませんが、なんとかならんかな~

« エネルギー政策 | トップページ | 原発の情報 »

ニュース」カテゴリの記事