« 生活用品は被災地へ | トップページ | 覚悟のとき »

原子力危機

東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所における2次災害も、深刻さを増しつつあり収束する兆しがないようです。最大の懸念である放射能(放射線)漏れ・放出は、五感で感じ取れないだけに不気味であり恐怖です。昨日の記事にも書きましたが、正確な情報の開示をお願いしたいものです。
発電所の稼働停止による電力危機も重篤でありますが、すでに放射能事故と言うレベルにはあるようで、後はそのレベルが何処で食い止められるかと言う、当に瀬戸際と言う状態と思われます。現地では、それこそ一命を賭けて不眠不休で対応に当たっている作業員の方々がおられると思いますが、なんとか収束に向けて道筋をつけられるよう頑張って頂きたいと、切に願うばかりです。

しかし、コトの重大さから考えると結果論かもしれませんが、政府と東電による総合本部の設置は遅きに失すると思わざるを得ません

2011年3月11日は、不幸な記憶として世界的に長く語り継がれる日になってしまったようです。

« 生活用品は被災地へ | トップページ | 覚悟のとき »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生活用品は被災地へ | トップページ | 覚悟のとき »