« タイヤの寿命 | トップページ | マスクを忘れた »

大処分 できず

年末の行事の一つに、大掃除があります。とは言え、私自身はここ数年はあまり出来ていませんでした。
昨年も、23日の天皇誕生日から、まずは不用品の整理を始めましたが思ったほど片付かず。
生来の貧乏性と所有欲のため、買ったものや貰い物をなかなか捨てられずにいるため、部屋の中にモノが溢れかえる状態になっています。もちろん、壊れたり使えなくなったりしたものは処分してきましたが、十分に使えるものでもいわゆる不用品(使わないもの、必要ないもの)は、「いつか使うことがあるんじゃないか」、「壊れてもいないから捨てるのはもったいない」と言った気持ちから手放すことが出来ません。

例えば
 ・昔の車やカメラののカタログ
  → 自分が好きだったもの、使っていたものが対象で、その思い入れとビンテージ感から捨てられない
 ・カメラやパソコン関係の機器の梱包箱
  → 中古で売る前提なら必要だが、そんな気は全然無いのに捨てられない。
    修理の発送時には便利だが、箱が無くても代替手段はいくらでもあるのに捨てられない。
 ・使用しなくなったPC用品やデジタルカメラ
  → 中古で売るには古過ぎるしビンテージ性が無いものならば、捨てるよりは手元に置いとく方がマシと考えてしまう。
 ・結婚式の記念で貰った高さ1mほどの大きなキャンドル
  → 災害等で停電になったら明り代わりになりそうだし、ゴミにしても粗大ゴミで有料となりそう。
    その前に、結婚式の記念品を捨ててしまって良いの??と考えてしまう。
等々

しかし、流石にそろそろ家の中が限界。マスコミ等で報道されたゴミ屋敷と、さほど変わらない状況になりつつあると言う危機感があり、多少なりとも処分をしようと決心をしていたのですが…
(ばっさりと捨てられない未練がましいやつ σ(--;))

« タイヤの寿命 | トップページ | マスクを忘れた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タイヤの寿命 | トップページ | マスクを忘れた »