« 間抜けな話 | トップページ | 受診 »

赤霧島な話

最近、人気が高いという芋焼酎の「赤霧島」を、カミサンが友人の伝で購入しました。
私自身は、焼酎は飲みますが余り銘柄にこだわりは無く、普段は近所のスーパーで紙パック入りのものを飲んでいます。
「赤霧島」は、原材料の制約から年2回しか出荷・販売されないそうで、入手が年々難しくなっているそうです。
(霧島酒造の赤霧島のサイト

今回初めて飲みましたが、芋焼酎独特の香りと味わいは損なわずに、さっぱりとした誰でも飲みやすいものでした。
芋焼酎が苦手とする方の一番の理由は香りだと思いますが、これも強すぎることはありません。
芋焼酎には有名な銘柄(例えば「森伊蔵」等)が数多くありますが、「赤霧島」は値段もそれほど高くは無く、入手も特別困難と言うわけではないのでお薦めかもしれません。
ちなみに、カミサンの別の友人の一人は、「赤霧島」が美味しいと言うことで二晩続けて我が家に飲みに来たぐらいですから。(^ー^)

« 間抜けな話 | トップページ | 受診 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 間抜けな話 | トップページ | 受診 »