« 9月です | トップページ | きつ過ぎませんか? »

高病原性インフルエンザ

昨年の今頃は、新型インフルエンザ(H1N1)の流行で大騒動となっていました。
今では、この新型インフルエンザの危険性は従来型(季節性インフルエンザ)と大差ないものとして対応も落ち着いてきました。今年は、まだ猛暑が続いていて、インフルエンザの流行については実感が湧きませんが、気になるニュースがありました。
それは、元々新型インフルエンザとしてその流行と被害が恐れられている高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)に関するもので、インドネシアでの調査研究の結果、豚に感染した一部のインフルエンザウイルスが、人に感染しやすい型に変異していたというものです。(朝日新聞のニュースサイト
これで、今すぐヒトへの感染とか大流行が起こるということではないでしょうが、昨年の騒動を肝に銘じつつ新型インフルエンザの脅威が無くなっていない事を忘れてはいけませんね。

« 9月です | トップページ | きつ過ぎませんか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月です | トップページ | きつ過ぎませんか? »