« 東京メトロ 丸の内線02系リニューアル車 | トップページ | 過熱気味の廃止列車人気 »

育児休暇

地元の行政トップが、育児休暇を取得することになり、ニュースになっていました。
地方自治体の職員の皆さんには、法律で育児休暇の取得が規定されているとのことですが、行政トップのような特別職については特に規定が無いため、制度上は有給休暇扱いだとか。そのためか、全国でも初めてのケースのようです。

σ(^^;)の最初の子供が生まれた頃は、まだ育児休暇という概念も無い頃でしたが。2人目と3人目の子供が生まれた頃には、母親(女性)に対しての育児休暇制度ができていました。父親(男性)も休暇取得の対象となったのは、三男が幼稚園に入る頃でした。ただし、σ(^^;)の勤めている会社の場合、育児休暇取得にはいくつかの条件があり、σ(^^;)の場合はその条件に当てはまらないため、その当時に制度があったとしても取得はできなかったでしょう。

今回の報道では、行政トップとして職員全体への育児休暇取得の啓蒙を図るとのことですが、堅苦しいことは置いといて、個人的には今回のニュースは好ましいことだと感じています。行政トップが2週間不在なために行政機構が機能しないということも、当然ないでしょう。(そんな状態が簡単に起きたら、その行政機構に欠陥があることになると思います。)
併せて、こういった休みが取得できることは羨望でもありますね。

« 東京メトロ 丸の内線02系リニューアル車 | トップページ | 過熱気味の廃止列車人気 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京メトロ 丸の内線02系リニューアル車 | トップページ | 過熱気味の廃止列車人気 »