« 点検と査定 | トップページ | Lunascape 6 »

噴煙と流星

桜島の昭和火口の活動が活発化して、今年の爆発回数が500回になろうかと言うほどです。それゆえ、昭和火口の状況をライブカメラで24時間見れるようになっています。夜間でも、高感度カメラで火口の様子が良く判ります。一度噴火すれば、真っ赤なマグマが火口の周辺に飛び散る様子も良く判りますし、噴火していないときには火映現象もはっきりと捉えられます。

高感度カメラゆえに、晴れていれば桜島のバックの星空のきらめきもはっきりと写ります。
今日14日(月)は、ふたご座流星群の極大期ということで、桜島の昭和火口のバックの星空でも、いくつかの流星がライブカメラに写りました。噴火は拡大すれば地域の生活に重大な影響を及ぼすので心配ですが、ライブカメラで見る噴煙と流星の様子は、小さな画像ですが自然の雄大さを感じさせるものでした。

« 点検と査定 | トップページ | Lunascape 6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 点検と査定 | トップページ | Lunascape 6 »