« 日本シリーズ 第2戦の途中 | トップページ | 日本シリーズ第5戦の結果 »

積年の…

信頼(信用)は、よく砂上の楼閣に例えられます。
これは、築き上げるまでの労力に比べ、一瞬にして失う危うさがあることを意味しています。

ですが、こと人間関係に限れば、塵も積もれば山と言う感じで、信頼関係が崩壊してしまうこともあるようです。(もちろん、あるきっかけで一瞬にして信頼を失うことも多々ありますが)少し前に話題になった、熟年離婚なども、その一つの表れかもしれません。
大きな過ちもなく過ごしていながらも、相手への配慮に欠けることが続いたら…
また、改善のお願いを受けても、結果的に改善されないままとなっていたら…
その結果は、まさに塵も積もれば山と言うことで、最後に三行半を突きつけられてしまうのでしょう。

そんな事態が、今私の周囲で起きています。この先、どういう結果になるか判りませんが、「他人の振り見て我が振り直せ」で、定年間近にカミサンに離婚を切り出されないように注意をしたいと思います。

« 日本シリーズ 第2戦の途中 | トップページ | 日本シリーズ第5戦の結果 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本シリーズ 第2戦の途中 | トップページ | 日本シリーズ第5戦の結果 »