« 確かに梅雨明け | トップページ | テニス肘悪化 »

混乱の選択?

来週21日(月)に、麻生総理大臣は衆議院を解散するとのことで、その話が今週13日(月)に出てからは、政界は混乱へまっしぐらと言う感じです。
1週間の審議期間も、野党も選挙を意識して一切の審議を拒否してしまい、重要な審議途中の法案が廃案になってしまうようです。世の中が不況で仕事が無くなっているせいか、国会議員の先生方も、今やるべき仕事よりも次の仕事にありつけるかどうかの方が、気になって仕方が無いご様子ですね。

で、予定通り解散が行なわれれば衆議院選挙となるわけですが、これまたどの候補者を、あるいはどの政党を支持するかが、個人的にはきわめて難しい状態です。与党自民党は、内部権力闘争状態をあからさまにしていて、選挙で負けなくても、その後の政権運営に不安が残る印象があります。方や、政権交代を唱えている民主党。元々寄り合い所帯政党で、重要な国の指針を決めようとすると、自民党以上に酷い内部分裂を起こしてしまう可能性があると考えています。(しかも、社民党と連立を組もうとしているようですが、政党としての理念が根本的に相容れない同士のはずなのですがねぇ)政権公約(マニフェスト)も、どうも受けを狙いすぎているような印象があって、こちらも、いざ政権をとったからと言って今の自民党よりも良くなると言う期待が持てないんです。(過去に、細川政権や村山政権時代の施策が良かったと言う印象も無いもので…)

なので、私のところでの選挙(投票)は、自民党での混乱か民主党での混乱か、どちらの混乱振りが受け入れられるかと言う選択になりそうです。(最悪、小選挙区(候補者)と比例代表(政党)を違えて投票するかも?)ま、実際に選挙が始まって候補者と政党が確定してから、もう一度しっかり考えたいとは思っていますが…

« 確かに梅雨明け | トップページ | テニス肘悪化 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 確かに梅雨明け | トップページ | テニス肘悪化 »