« 2009 春のCD 2枚 | トップページ | マスクが品薄 »

インフルエンザと修学旅行

兵庫と大阪で感染が広がっている新型インフルエンザは、発生地域はもちろんのこと、いよいよ身近なところへの影響も出始めました。
兵庫と大阪では、大学から幼稚園・保育所までの学校全てが7日間の休みということで、感染の有無に関わらず、この地域の皆さんへの影響は大きいものと思われます。お見舞い申し上げます。

さて、身近なところへの影響と言うのは、今月下旬に長男の修学旅行が京都・奈良方面に予定されています。それぞれの地域(県)では感染者が出ていませんが、近日中に感染が広がる可能性は大変高いものと思われます。今日、東京都教育委員会は感染者が出た兵庫と大阪への修学旅行の予定については、延期もしくは中止とするよう通知を出したところですから、京都と奈良で今後感染者が出た場合には、同様の措置が取られる事になり、長男の修学旅行も延期か中止になるのではないかと思います。

ただし、一縷の望みと言うほどでもないですが、今回の新型インフルエンザが感染力は強いものの病原性やタミフルリレンザと言った治療薬の効果が、既存の(季節性)インフルエンザと同等と言う評価も出始めているので、長男の修学旅行の予定日までに、現在の対応方針が変わる(緩くなる?)可能性があると言うことでしょうか。そうなった場合に、予定通り修学旅行が実施できれば良いのですが…

« 2009 春のCD 2枚 | トップページ | マスクが品薄 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

Milkさん、どうもです。
残念ながら、本日修学旅行の延期(今のところ中止ではない)が決まってしまいました。詳細な説明は後日臨時の保護者会であるようです。
息子は、表面上は「どうでもいいや~」と言っていますが、結構楽しみにしていただけに、内心はどんなものか…

せっかくの修学旅行が台無しにならないように祈りますA^^;

たった一晩でマスクが町から消えました(-_-;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2009 春のCD 2枚 | トップページ | マスクが品薄 »