« Nikonの新しいカメラとレンズ | トップページ | 合否発表 »

上下のゴースト

ご近所のブログで、モノが上下にダブって見えるという記事がありました。実は、これと同じ現象が私にも生じています。例えて言えば、テレビ(アナログ放送)のゴーストが、上下に起きている様に見えると言ったところでしょうか。

このゴースト現象は、老眼が進行するとともに生じてきた気がするのですが、最初は乱視になったのが原因と思っていました。が、老眼鏡をオーダーした際の視力検査で、乱視もあると診断されて作った眼鏡を着用しても、ゴースト現象は解消されません。なので、乱視とは違う症状のようです。
この症状は、やはり長時間PCのモニターを見続けたときなど、目に負担が掛かり続けると強く現れるようです。厄介なのは、眼鏡や目薬ではほとんど回復できないことで、ひたすら目を休ませるしかありません。酷いときには、字がぼやけて(老顔は眼鏡で矯正できますが)読めないほどです。モノがはっきり見えないと言うのは、思った以上にストレスが溜まるもので、それがまた症状を悪化させている面もあるようで、困っています。ですが、加齢に伴う避けがたい症状ではないとも思えるので、だましだまし症状を悪化させないように付き合っていくしかないかなと考えています。

« Nikonの新しいカメラとレンズ | トップページ | 合否発表 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Nikonの新しいカメラとレンズ | トップページ | 合否発表 »