« 担当セールスの交代 | トップページ | 網戸の張替え »

鯉のぼり再生

再生と言うほどのものでもないですが…

長男が生まれたときに、お祝いで貰った鯉のぼりがあります。
三男が幼稚園に入園するまでは毎年揚げていましたが、鯉のぼりを揚げる紐がボロボロになって切れそうになったのと、お隣さんの家の建て替えの関係で今まで揚げていた場所が使えなくなったことで、揚げるのを止めていました。が、今年入学した三男が、どうしても鯉のぼりを揚げたいと言うので、揚げる場所を変更することにしました。

一番の問題は、ポールの設置場所で、ベランダの手すりなどにU字型の金具で装置を固定するタイプなのですが、設置可能な手すりの太さに制約があり、ベランダの手すりにはそのままでは付けられないことです。そこで、同じぐらいの太さながら、当初は強度に不安があって見送った和室の手すりに付けてみました。鯉のぼりは、吹流しが2m、大きい真鯉が1.5mほどの大きさです。その結果、チョット強めの風が吹くと手すりが千切れんばかりに揺れる(ねじれる)と言うことで、設置を断念しました。
残るはベランダの手すりですが、そのままではポールの固定用装置が設置できないため、ホームセンターでサイズの合いそうなU字フックと蝶ねじ、固定用プレートを買ってきました。結果、見た目は大分ごつくなり、かつポールごと固定する形になって取り回しはやや悪くなりましたが、無事ポールを立てる事が出来ました。

次に紐ですが、恐る恐る鯉のぼりをつけて揚げようとしたら、プチッ!とあっさり切れてしまいました。切れた所で改めて結びなおしてみましたが、手で引っ張るだけで簡単に切れてしまう状態だったので、こちらもホームセンターで同じぐらいの太さの新しい紐(建築資材用ロープ)を買って来て取り替えました。これで、無事、鯉のぼりを再生することができました。唯一、再生できなかったのは、ポールの天辺で廻る丸い球状のもの。元々プラスチックで出来ていたのですが、10年ほどで劣化して割れてしまいました。なので、鯉のぼりの上で廻っているのは、今は矢羽車のみです。

« 担当セールスの交代 | トップページ | 網戸の張替え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 担当セールスの交代 | トップページ | 網戸の張替え »