« 右足首が | トップページ | おまわりさんに »

Time To Time 2005-2007

早いもので、今日で1月も終わり。景気の状況ではないですが、嵐の月末でした。

1月最終日の東京は、朝から雨風強し。外を歩く人も車も少ない様子でした。それでも、29日(木)から、新宿のフォトギャラリー「シリウス」で開催されている、プロ写真家中島健さんと詩人の草野早苗さんのコラボレーション写真展「Time To Time 2005-2007」を見に行きました。
中島健さんは、@nifty時代から写真フォーラム「FPHOTO」でお世話になっているプロ写真家で、「Time To Time 」は、写真集としてもシリーズ化されている作品です。会期は、2月4日(木)までです。私の場合、平日は仕事の関係で、ギャラリーのクローズ時間までに訪れることが出来ないため、土曜日しか訪れることが出来ません。(日曜日は、ギャラリーがお休みですし)そういった類の野暮用も数多く抱えてしまいがちであり、、今日も午前中が勝負ヾ(^^;)となってしまいました。

作品について、私がどうこう言う資格などありませんが、「どうやったら、撮れるのだろう?」とか、「同じ場所、時間にいても、自分ではおそらく(作品のような)写真を撮らないだろうな。」とか、逆に「似たような写真を撮っているのに、何が違うのだろう。」とか、作品ごとにいろいろと考えさせられました。もちろん、それぞれの疑問の答えなど直ぐには見つかりませんが。
会場で写真と詩を見ていたのは40分ぐらいでしょうか。天候と時間の関係か、私以外のギャラリーは一人だけだったこともあり、気分的には2時間ぐらい、じっくりと作品(写真と詩)を咀嚼して会場の雰囲気に浸りたかったかなぁと言う気分で、会場を後にしました。
続きは、会場で購入した写真集「Time To Time 2005-2007」(中島さんと草野さんの直筆サイン入り)を家で見ることで、よしといたしましょう。

中島健さんのサイト「accitano

« 右足首が | トップページ | おまわりさんに »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 右足首が | トップページ | おまわりさんに »