« アルバム作り | トップページ | また、靴が »

久々に互換性に泣く

マイクロソフトのワードの、バージョン違いによる図形データの互換性の無さに、久々に泣きました。

会社で使っているPCは、WindowsXPでOfficeソフトは、Microsoft OFFICE2003シリーズです。で、ワード2003で図形入りの文書をひとつ作りました。作成した文書の図形は自由回転を施し、文章の一部もワードアートで修飾をしました。一通り、たたき台が出来たところで上司に見せるために、普段勤務している事務所から上司のいる本社へ移動し、そこに置いてあるPCで作成した文書を開いたところ、図形の編集結果が狂ってしまいました。
本社で利用するPCは、Windows2000なので、MS OFFICEも2000バージョンが入っています。私が作成した文書では、どうやらワード2003固有の機能を利用していたようで、それがワード2000では対応していなかったようでした。
急遽、OFFICE2003専用のビューアソフト(マイクロソフトが用意している)をインストールして、画面表示と印刷は、ワード2003で作成したイメージで見れるようになりましたが、文書の編集(校正)が出来ないのがネックになりました。

で、文章の編集をするには本来の事務所へ戻る必要がありますが、上司との摺り合わせも遅くまでかかってしまったので、明日回しにして帰ってきてしまいました。

« アルバム作り | トップページ | また、靴が »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルバム作り | トップページ | また、靴が »