« 殺人事件の公判のニュース | トップページ | さぁ、どうする »

LDプレイヤーの生産終了へ

国内で唯一、LD(レーザーディスク)プレイヤーの生産・販売を行なっていた、Pioneerが、現在の生産モデルを最後にプレイヤーの生産を終了すると発表がありました。

Pioneerのニュースリリース
http://pioneer.jp/press/2009/0114-1.html

当に、LDの開発と普及の中心となっていたPioneerでしたから、DVDが台頭してきた2002年以降も、他社がLDプレイヤーの生産を中止してもなお、今日までプレイヤーを生産してきたことには、ある意味素晴らしいことでしょうか。
我が家にも、LDのソフトが数十枚ありまして、これが見れなくなるのはやはり残念であります。今もプレイヤーが1台元気に動いていますが、これが壊れる頃には買い換えたくても、モノがないということになります。ならば、今のうちにもう1台、Pionner製のプレイヤーを買っておこうかとも思ってしまうところです。
法律上、生産終了からの部品保管義務期間は6年。Pionnerでは、部品の在庫がある限り修理には応じるとのようですが、それでも今から10年も経てば、LDソフトが見れなくなる確率が高くなるでしょう。

まあ、30年ほど前に買いあさったLPも、今は物置に眠っているぐらいですから、時代の流れとしては致し方ないところですかね。でも、山口百恵の引退コンサートが見れなくなるのは、やっぱり痛いなぁ。ヾ(^^;)

« 殺人事件の公判のニュース | トップページ | さぁ、どうする »

ニュース」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 殺人事件の公判のニュース | トップページ | さぁ、どうする »