« 久々の美酒 | トップページ | 無線LANが不安定 »

飲酒運転でひき逃げ

最近、悲惨な事件として2件の報道がありました。いずれも、飲酒運転で歩行者やバイクをはねて、そのまま被害者を自動車で何キロも引きずって、死亡させてしまったいうものです。

飲酒運転は絶対にしてはいけないことで、重大な犯罪行為であること、撲滅すべきことは、言うまでもなく、悲惨な事故の結果から、ここ数年で違反者ならびに事故を起こした加害者に対する刑事罰も厳罰化されてきました。その成果として、取締り等による検挙数は、厳罰化以前よりも減少したとは言え、完全になくなることは無く、冒頭に述べたような事件が起きてきています。

これには、運転者(ならびに周囲の関係者)のモラル・意識の問題ではあるのでしょうが、一方では飲酒運転での事故を起こした際の、刑罰のアンバランスが要因との指摘があります。飲酒運転の厳罰化としては、「危険運転致死傷罪」がその象徴ともいえますが、実際の適用に当たっては、危険運転とされる酩酊状態であったかどうかの立証が難しいというところがあります。仮に、危険運転となるほどの状態ではない、酒酔い運転であったと判断されると、「自動車運転過失致死傷罪」となって、刑罰がぐっと軽くなってしまうのです。(ひき逃げは、飲酒運転とは別に刑事罰の対象となりますが、今の法律の規定では、危険運転致死傷罪の最高刑期>自動車運転過失致死傷罪の最高刑期+ひき逃げの最高刑期 となってしまうのです。)
なので、飲酒運転で事故を起こしたドライバーの中に、直ぐに警察には捕まらないように逃げてしまい、後で自首して危険運転ではなかったと言い張ろうと考える輩が出てきてしまったと言うわけです。(飲酒運転自体が悪いことと判っていて、実行してしまうような人間だから??、そんな逃げ得にもあやかろうとするのでしょうかね。)

私が免許を取った頃は、特に母親のふるさとのような地方では、飲酒運転にも寛大と言うか許容する風潮があったと思います。故に、冠婚葬祭などの集まりでは、私などにも運転をすると判っていながら、周りから随分と酒を勧められました。「酒に弱くて、運転できなくなる。」と断るのも大変な時代であったと思います。流石に、今では「運転がある。」と言えば、無理に酒を勧められることはなくなりましたが、やはり地元の人間の中には、飲酒運転の危険性を軽く見ている者もいるのが現実のようです。その抑止のためには、更なる厳罰化、あるいは刑罰のバランスの見直しも、必要なことかもしれません。

飲酒運転による悲惨な死亡事故を無くすためには、まだまだ様々な努力が必要ですね。無論、私は車を運転するときには、宴会の席にあってもアルコールは飲まず、ソフトドリンクを飲んでいますが。

« 久々の美酒 | トップページ | 無線LANが不安定 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々の美酒 | トップページ | 無線LANが不安定 »