« 過密日程 | トップページ | 老眼?乱視? 進行中 »

中国産は信用できない?

中国産のインゲン豆での農薬中毒事件が起きました。
ただ、以前の餃子事件とは違って、今のところ被害者は一人だけで、限定されています。農薬が何処で混入されたのか解明されていないので、断定するべきではないのですが、うなぎの残留農薬事件以降、次から次へと出て来る中国産食品の問題には、流石にうんざりというところです。

特に、餃子事件の対応と昨今の牛乳へのメタミドホス混入事件での中国政府の対応を見る限り、しばらくの間は中国産の食品は怖くて食べれないと言う感じがします。もちろん、中には真面目に食品加工に取り組んでいるところもあるのでしょうが、こればっかりは「一事が万事」と考えてしまいます。
もっとも、日本でも産地偽装と言う犯罪が行なわれていますから、食品の産地表示を100%信用できない所では、知らず知らず中国産食品を口にしている可能性が高いですが。

« 過密日程 | トップページ | 老眼?乱視? 進行中 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 過密日程 | トップページ | 老眼?乱視? 進行中 »