« やな感じ~から やな状態 | トップページ | 第15回鉄道フェスティバルにて »

庭木の剪定

家の庭(猫の額ほどですが)の立ち木の剪定を、地域のシルバー人材サービスにお願いしました。
毎年、10月頃にお願いをしています。
郊外の広い庭ならば、家にある桜や椎に金木犀も、のびのびと枝を広げることが出来るのでしょうが、街中ではなかなかそうも行きません。今年は、金木犀の花が終わらないうちの剪定となり、ちょっと残念なところもありますが、仕方ありません。庭があるだけでも、更にそこに高い樹木があると言うことだけでも、恵まれていると思う反面、樹木達にとってはどうなんだろうと、ふと考えたりすることもあります。

この剪定が終わると、冬に向けて陽光がたくさん降り注ぐようになります。

« やな感じ~から やな状態 | トップページ | 第15回鉄道フェスティバルにて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やな感じ~から やな状態 | トップページ | 第15回鉄道フェスティバルにて »