« 夏休み最後の日曜日 | トップページ | 予想通りのメタボ »

福田総理の辞任!

予想外の出来事でした。
あちらこちらのブログでも、この話題の記事が書かれていることでしょう。

昨年の安倍総理の辞任も驚きでしたが、あの時は多少なりとも「やっぱり、そうなったか…」という、妙な納得感も感じた部分がありますが、福田さんの場合には、「?????」ばかり、辞任の記者会見や自民党、その他政党の議員の見解などを伝えるニュースを聞いても、納得できる部分が見当たりません。やはり、政界(特に国政)は魑魅魍魎の住む世界なのかもしれないですね。ヾ(^^;)

でも、昨年からの流れを見るに、ここで福田さんが辞めて新しい、自民党の総裁や総理大臣が出てきたとしても(それが仮に麻生さんであっても)、政治の状況に大きな進展は望めないと感じる国民が多いような気がします。自民党と公明党は、党としては絶対に選択できない選択肢になると思いますが、やはり衆議院を解散して総選挙を行った方が、辞任会見で福田さんが述べた理由と(解散理由が)同じであったとしても、まだ納得できるような気がします。でも、そんな風に思っていては国政の何たるかを理解していないことになるでしょうかねぇ。
あ、総選挙をやったからといって、民主党やその他野党を全面的に信頼できるかというと、個人的にはNoでありまして、仮にそういう事態になったとしたら、どの政党、どの候補者(議員)が信頼に足るか、投票すべきか、大いに頭を悩ますことになるでしょうが。

« 夏休み最後の日曜日 | トップページ | 予想通りのメタボ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休み最後の日曜日 | トップページ | 予想通りのメタボ »