« 靴崩壊 | トップページ | げしゅたると崩壊...ではない? »

やっぱり役人は天国か?

通称ガソリン暫定税率に関連したニュースで、この税の目的である道路特定財源なるものの一部を、国土交通省の出先機関の職員向けの娯楽器具の購入に充てていたと報道されました。参議院の国会答弁で明らかになったようです。

国家公務員っちゅうのは、やっぱり天国なんでしょうかね~。まじめにやっている人も多いのだろうけど、税金は派手に使って見つからなければ、自分達の好きなように使える。足りなくなりそうなら、もっともらしい理由をこじつけて、税金を増やせばよいと言う思考構造になっていると思わざるを得ません。(現に、今後10年の財源予測の前提となっている道路関連の工事計画規模が、非現実的な数字と言う議論もあるようですし)

こんなニュースが出てくると、今のままの暫定税率でも止むを得ない、なんて気持ちには到底なりませんね。只でさえ、東京はふるさと税的な措置で、地方のために財源を無理やり提供させられるのですから。

« 靴崩壊 | トップページ | げしゅたると崩壊...ではない? »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴崩壊 | トップページ | げしゅたると崩壊...ではない? »