« 結論先送りですか? | トップページ | 消費する側も »

中国からの輸入食品

あちらこちらのブログでも話題になっていますが、中国から輸入した冷凍餃子に残留農薬があり、食中毒を越したと言う事件。今年も、昨年に引き続き「食の安全」が大きな課題となりそうです。

食料自給率の低さに代表される、食品輸入大国の日本。コンシューマ向けに販売された食品の中で、中国から輸入された食品にまつわる事件・事故が、この数年の間に頻発しています。扱うものの種類・量が増えれば、自ずと事故や不良品が発生する確率が高くなるとは言え、最近起きた問題は、その理由だけで看過できないものばかりです。
個人で店頭で購入する商品以上に、外食産業には安い輸入食品(特に中国製)が多く使われているようです。なので、実際に生命が脅かされる事故が続くと、店頭で該当食品を買うときばかりではなく、例えばリーズナブルな価格で楽しめる居酒屋とかファーストフード、カラオケ、ファミレスまでも利用することを、ためらわざるを得ない状況になるかもしれません。
一部の店舗では、原材料の産地を店頭に掲示していますが、何せ偽装事件も経験してしまうと、その内容すら100%信用できない気持ちになってしまいますし、大方の店舗では全ての食品の原材料を事細かには公表していないと思いますし。

また、一方ではこのような事件が起きたときの、生産国であり輸出元である中国側(政府機関、業者)の取り組みと言うか対応の姿勢にも、いささかの疑念を感じるところがあるという理由もあります。
まあ、ともかくは食品会社が自主回収するとした商品が、我が家の冷凍庫に眠っていないことを確認することが先決でしょうか。

« 結論先送りですか? | トップページ | 消費する側も »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結論先送りですか? | トップページ | 消費する側も »