« ズボンに穴が… | トップページ | <再掲>USB LIGHT »

釈然としない自殺

とは、言うまでもなく松岡農林水産大臣のことである。

いろいろな疑惑・不正の追及を受けていたが、決着が付く前に自らの命とともに真実を冥界に持ち込んでしまった感がある。政界の不正・疑惑がらみで、自ら命を絶つ人は過去にも暇が無い。すべて、疑惑の鍵を握ると言われていた人たちである。ただ、今まではそういった事件の矢面に立つ人ではなく、その配下にある人や関連する人が多かった。が、今回は現職の大臣と言う、いわば権力トップに位置する人間である。

それだけの地位にあっても、いや、その地位にあるからこそ、自分の意思・希望とはまったく違う、相反する状況に追い込まれ、過大なストレスが溜まっていたのは事実であろう。なにが、ストレスになったのか、その真実は、当然私には判らない。が、まさに死人に口なし。残された家族だけが、ただ悲しい思いをするだけのような気がするのも、私の勝手な想像なのだろうか。

« ズボンに穴が… | トップページ | <再掲>USB LIGHT »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ズボンに穴が… | トップページ | <再掲>USB LIGHT »