« けんか | トップページ | 準備不足 »

魚も食えねぇ?

昨日は、犬も食わない話題で失礼した。

今日は、魚が食えねぇ?となるかというお話。
東京都の築地卸売市場の移転問題が、今行われている東京都知事選の争点にもなっているようだ。
築地市場は設備の老巧化と狭隘化により、豊洲地区に移転する計画になっている。
ゆりかめもでも「新市場前」と言う駅があるぐらいだ。
が、今はただの荒地の真ん中に駅があるのみだが。

この、豊洲の移転先が元の東京ガスの工場跡地で、土地の地下に有毒物質が埋まっているらしい。
なので、生鮮食料を扱う市場が移転するのは、食の安全にかかわるとして移転反対と言う意見が出ている。
有毒ガスが湧き出し(噴出し)てくるとか、市場で使う水が汚染されるとかの懸念が出ているようだ。
まあ、その懸念も判らなくは無い。

が、自動車の排気ガスと比べてどれくらい怖いものなのだろうか?
生鮮食料なら、数日で市場外へ移動してしまうだろう。
火山の火口ではないのだから、ガスがあったとしてどれほど影響があるのだろか。
今一、現実的な話として聞こえてこない。
有害物質は、実際に埋まっているのは確かなのだろう。が、その量がどれほどのものかは、私は判らない。
市場の水が汚染されると言う懸念があるなら、豊洲近辺の東京港にその有毒物質が染み出しているのではないかという方が現実的に心配ではないか?
そんな心配をしだしたら、江戸前の魚など今でも安心して食べられなくなりそうだ。

って、それより何より、有毒ガスが豊洲の近辺で本当に噴出しているのなら、そこに毎日勤めている私は、その内ガスにやられて死んでしまうのだろうか?その方が、市場の魚のことよりも、ずーっと大きな心配である。ヾ(^^;)

« けんか | トップページ | 準備不足 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« けんか | トップページ | 準備不足 »