« ネズミ騒動 | トップページ | 1月も終わり »

携帯電話の端子カバー

携帯電話機には、充電用とか、メモリーカード、外部コードを繋げる端子があって、カバーが付いている機種が多いですね。
このカバーも、モデルによって作りや素材はいろいろでしょうが、開閉のひんじにゴムを利用しているものがあります。(カバー全体がゴムのようなものもありますが)
私が新しく使い出した911SHは、カバーは本体と統一された装飾が施されたプラスチックですが、ひんじの部分はゴム素材で、返しが付いた足を本体の穴に差し込むようになっています。
端子を使わずに閉じたままなら、問題はありません。
が、イヤホンを差し込む端子は比較的よく使うのですが、端子が小さめなために結果としてひんじのゴムも小さめになるためか、結構外れやすいようです。

今日、会社で気が付いたのですが、このカバーが取れてしまっていました。
カバーが無くても通信に差し障りがあるわけではありませんが、見た目も今一ですし、雨とかが端子にかかったりすると、故障にも繋がりかねません。
当然、何処で外れたかは判る訳も無く、ショップへ行って修理依頼しなきゃいけないかなとも思いました。
が、帰宅してから日曜日にこの携帯を入れていたコートのポケットを探ったら、外れたカバーが出てきました。
とりあえず、無事にカバーは付きましたが、次もいつ外れるか判りません。
果たして、次の機種変更までカバーを無くさずにいられるでしょうか??

« ネズミ騒動 | トップページ | 1月も終わり »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネズミ騒動 | トップページ | 1月も終わり »