« 掲示板へのSPAM再燃 | トップページ | Excelのグラフでの時刻表示 »

飲酒運転

飲酒運転の加害者による死亡事故は、後を絶ちませんね。
福岡の事故も、やりきれません。
無論、交通事故による死傷事故は飲酒運転に限らず、加害者被害者ともにダメージが大きいのですが、こと飲酒が絡むと加害者への非難の思いがより強くなります。

飲酒運転、たとえ酒気帯びであっても、決して許されることではないと思います。
アルコールに対する体質上の順応力の違いは現実にあるにせよ、「これぐらいじゃ酔わない。」と言うのは、免罪符にはなりえません。
えてして、酒が多少強いと言う人が飲酒運転にたいするガードが低いように感じます。
道路交通法、その他でも酒気帯び運転・酒酔い運転に対する罰則は、他の違反に比較して重くなっています。
が、それでも悲劇は繰り返されます。

ドライバー当事者だけでなく、周囲の人間・社会が飲酒運転を決して許さない、させないというルールを確固なものにしなければ、いけないのでしょう。
今の社会では、このことすら一朝一夕には実現できないのでしょうが、あきらめていては変わりませんね。

かく言う私も、二十歳前に免許取得以来、今まで一度たりとも酒気帯び運転が無かったと言えば、嘘になります。
が、今ではハンドルを握るときには一口たりともアルコールは口にしません。
いろいろなお付き合いで、お酒を勧められることもありますが、運転をするからときっぱり断るようにしています。
それでも、事故は起こすかもしれない。
自動車の運転と言うのは、東京ではなんともリスクが高いもの(もちろんいろいろと便利ですが)だと、思う今日この頃です。

« 掲示板へのSPAM再燃 | トップページ | Excelのグラフでの時刻表示 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

書き忘れ

 今日の昼食 〆 自家製弁当(えびちり、レンコンのすり身揚げ)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 掲示板へのSPAM再燃 | トップページ | Excelのグラフでの時刻表示 »