« 家族の写真 | トップページ | 明日から連荘 »

過ぎたるは及ばざるが如し

東京証券取引所で起きたジェイコムの株券誤発注問題。
決済は、現金による強制決済と言う形になって、みずほ証券の誤った売注文に対して買い付けを行った側には、株券ではなく現金が支払われることになりました。
この結果、一部の証券会社が大量に買い付けを行っていて相応の利益を得たことも公表され、火事場泥棒的な批判に晒されています。
買い付けを行った側の会社としてのモラルが批判の対象になっていて、会社側もイメージダウンを払拭するべく、今回の事件で得た利益を、会社のものにはしないという対応の検討を始めたとか。

買い付けをしたときの売買担当者(ディーラー)から見れば、利益を得ること課せられた仕事の第一ですから、利益が出る可能性が高いと判れば買い付けを行うのは当然のことでしょう。
取引所が売買停止をするわけでもなく、注文も取消されていない状況でも、あえて買わないということは、ディーラーとしての技量を逆に問われてしまうかもしれません。
売買の結果として、しっかり利益を出したのであれば、その会社の中では評価されるべきこととも言えます。

とは言え、やはり心情的には100%賛同できないところもあります。
今回、特に株数を大量に取得した会社に対しては「過ぎたるは及ばざるが如し」という格言が、身にしみることになるのではないでしょうか?

« 家族の写真 | トップページ | 明日から連荘 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4383/7628411

この記事へのトラックバック一覧です: 過ぎたるは及ばざるが如し:

« 家族の写真 | トップページ | 明日から連荘 »