« RAWデータの違い | トップページ | 夏風邪でダウン »

時限爆弾

最近のニュースで話題になっているものに、アスベスト(石綿)による健康被害があります。
ブログでも、そこここで話題になっていますね。

なんでも、アスベストによる健康被害は時限爆弾と言われて、アスベストが人体に入り込んでから、健康障害が起きるまでに、数十年かかるのが普通だとか。(もちろん、もっと早い段階で症状の出る方もおられます。)
幸い、私の場合は仕事やら日常生活では、直接アスベストに接していたことは無いと思うのですが、子供の頃はアスベストの健康への影響は認知されていなかったので、小学校などでは一時的に触れていたかもしれません。
それでも、気にすることは無いレベルだと思っています。(思い込みかも (^_^;)

時限爆弾という意味合いでは、食費添加物の方が実際には気になります。
チクロなんかは有名でしたが、私が子供の頃には健康への影響が認知されていなくて、後から使用禁止になったような添加物を、結構摂取していたんじゃ無いかと思ってます。
もちろん、個別の添加物をどれくらい摂ったかなんてことは判りませんし、使用禁止になった添加物を摂取していたとしても、実際のところ私自身に必ずしも影響を与えると決まったわけでもありません。

ただ、アスベストが時限爆弾と評されるのを聞くに付け、食品添加物の中にも似たようなモンが紛れ込んでいやしないかと、漠然とした不安を覚えたりするのです。

« RAWデータの違い | トップページ | 夏風邪でダウン »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

エキノコックスも、潜伏期間が長いのですね。
しかも、症状が出にくい肝臓が罹病するのですね。

北海道には何回か行っていますが、生水は飲んだ記憶が無いので、大丈夫だと思っています。(記憶が定かかは別問題?)

時限爆弾といえばエキノコックスを思い出します。
北海道で山菜や沢の水などを口にしたことがある方は要注意ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4383/5070291

この記事へのトラックバック一覧です: 時限爆弾:

« RAWデータの違い | トップページ | 夏風邪でダウン »