« 写真展の開催 | トップページ | すき焼き »

1年間で1万枚

昨年の2月に購入したデジタルカメラ(coolpix8700)
http://yoro46.cocolog-nifty.com/yorococo/2004/02/post_13.html
で撮影した写真が、1年間で1万枚を超えました。
デジタルカメラの画像ファイルの名称には、規約と言うか規格があって、4桁の数字が撮影順に連番でふられます。
これが、先週末でサイクリックしたわけです。

今のカメラより前のデジタルカメラで撮影したものも含めれば、1万5千枚ほどになろうかと思いますが、この1年の撮影ペースはそれ以前とは大違いです。
一般的によく使われる24枚撮りのフィルムならば、悠に600本近く撮った事になります。
フィルムカメラを使っていたならば、ここまでの枚数は行かなかったでしょう
フィルムの購入や現像/プリントと言う作業が不要な、デジタルならでは結果と言えます。
ただ、写真を本当の趣味としているようなハイ・アマチュアな方々には、より多くの枚数を撮られている方も少なくありません。

私の場合、スキルが足りないところがまだまだ多々あって、いい写真と言えるものは多くはありません。
撮影したものの内、10%程度は保存すら不要な失敗写真であり、サイトに掲載するとかプリントして人に見せる/あげると言うレベルになるのも20%ぐらいでしょうか。
「デジタルだから、とりあえず撮っておこう」と言う意識があるのも事実です。
写真として決める写真とメモ代わりの写真の撮り分けが、うまく出来ていないのでしょう。
でも、メモリ交換なしに200枚以上の画像を撮影できるというのは、写真撮影の面白さを十分味わえることを手助けしてくれていると思います。

また、デジタルカメラで撮影した画像ファイルの容量は、高画質化に伴って大きくなるばかりです。
フィルム代や収納場所に代わり、ディスク容量やデータの消失と言うリスクへの対策が必要となりました。
フィルムに代わって、CD-RやDVD-Rが画像保存の媒体となりつつあります。
しかし、いずれも完全永久保存とならないところが、ミソですね。

« 写真展の開催 | トップページ | すき焼き »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4383/3120196

この記事へのトラックバック一覧です: 1年間で1万枚:

« 写真展の開催 | トップページ | すき焼き »