« 火山のライブカメラ | トップページ | 物欲の秋・プロローグ »

浅間山の火映現象

先にご紹介した、利根川水系砂防事務所のサイト(浅間山ライブカメラ)は高感度カメラで、夜間でも噴煙の様子がわかります。
浅間山は、今日、再噴火したこともあってか、火口内の溶岩(マグマ)が吹き上げる噴煙(火山ガス)を赤く照らし出す「火映現象」が、夜間のライブカメラにはっきりと捉えられています。
規模が大きくなれば、肉眼でも判るそうですが、高感度カメラゆえに今にも噴火するんじゃないかと言うぐらいはっきりと見えます。

« 火山のライブカメラ | トップページ | 物欲の秋・プロローグ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

今日16日の浅間山は、活動激しく、未明から小規模な噴火が間断なく続いている状態でした。
夜になっても噴火は続いていて、火口の周辺に赤く灼熱した噴出物が噴き出る様子が、ライブカメラではっきりと確認できます。

これ以上、噴火が激しくならなければ良いのですが…

今日になって、小規模の爆発が繰り返し起きました。
やはり、昨夜の火映現象は、マグマの活動が活発化していた
(火口内の温度が高くなっていた)ことの現れだったようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4383/1437235

この記事へのトラックバック一覧です: 浅間山の火映現象:

« 火山のライブカメラ | トップページ | 物欲の秋・プロローグ »