« 冷却不足 | トップページ | 素肌ふぇち? »

黒潮蛇行

日本の南岸に沿って流れる大きな暖流海流である「黒潮」ですが、気象庁や海上保安庁の観測によると、今年は蛇行が発生しているとのことです。
蛇行は昨年12月に九州の近くで発生し、徐々に東へ移動しながら蛇行の規模も大きくなっているようです。
今は、四国の室戸岬沖から紀伊半島潮岬沖にかけて蛇行しているようですが、今後この蛇行は東海沖に移動してくるものと気象庁では予想しています。

黒潮が蛇行すると、いろいろな影響が出てきます。
蛇行地点では冷水塊が形成され、特に沿岸漁業に影響が生じる惧れがあります。
また、夏場は海水温の上昇により潮位が高くなるのですが、蛇行する黒潮が沿岸部にぶつかるところでは、潮位の上昇が大きくなることが予想され、高潮等の災害に繋がる惧れもあります。
蛇行が発生する原因は現在でも解明されていないようですが、関東以西の太平洋沿岸の地方では、しばらくの間注意した方がいいかもしれません。

ちなみに、黒潮の流れる速さは、速い所で2m/秒以上だそうで、時速に換算すると7〜8km/h程度となります。
船の速さを表す単位として知られるノットであれば、4ノット程度の速さになるようです。
では、黒潮に逆らって泳いだらどうなるでしょう?
一例として100m自由型の記録(2004/7/7時点、短水路25m)と比較してみましょう。
日本記録は49秒02、世界記録は46秒78ですから、それぞれの単純な流速は2.04m/秒、2.14m/秒となり、日本記録程度では前へ進むどころか流されてしまうほどで、世界記録でなんとか流されずに済むかもしれないという速さなんですね。

黒潮の情報 気象庁 http://www.jma.go.jp/JMA_HP/jma/index.html
      海上保安庁海洋情報部 http://www1.kaiho.mlit.go.jp/
水泳の記録 日本水泳連盟 http://www.swim.or.jp/main.html

« 冷却不足 | トップページ | 素肌ふぇち? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4383/935552

この記事へのトラックバック一覧です: 黒潮蛇行:

» 気象庁が黒潮蛇行による浸水被害への注意呼びかけ [Generation Mosaic]
日本沿岸の海面水位が過去100年間で最も高くなっている状態が続いているため、気象 [続きを読む]

« 冷却不足 | トップページ | 素肌ふぇち? »