« 衣替え | トップページ | 風邪引いた »

洪水ハザードマップ

近年、都市の防災情報整備の一環として、洪水ハザードマップが各自治体で作成され公表されているようです。
私の今の会社がある地域は、地盤沈下で名を馳せた東京ゼロメートル地帯。
東京都が公表した洪水ハザードマップでは、会社のある区画での予想浸水深さは50cm程度とのこと。
さらに、周囲の区画では幹線道路や鉄道の駅へ通ずる所も含んで予想水深が1m〜2mの所が多く、浸水発生時には会社に閉じ込められるか出社不可能となりそうです。

実際、会社のビルは土台がかさ上げしてあり、かつ玄関には高さ50cm程度の防水壁(非常時にせり上がる)も備えられています。
周囲のマンションやビルでも、1F部分は駐車場や共用エリアと言う作りになっているところがほとんどです。
近年、河川の治水事業が進んで、昔よりは台風などでの洪水被害を受けにくくなっているとは思います。
が、東京のような都市部では、短時間の集中豪雨による浸水被害も起きているので、安心は出来ませんね。

さて、自宅のあるところは高台なので浸水とは無縁と思っていたら、ハザードマップでは浸水の可能性がゼロではない(深さ50cm以下)との評価。
どうも、集中豪雨のような大雨では、下水道設備が雨水を排水しきれない可能性があるとのことのようです。
ただ、現実には水が溢れたとしても、すぐに低い土地の方(坂の下)へ流れていってしまうのではないかと思っていますが…
(坂の下の方は、やはり50cm〜1mの浸水予想となっていました。)
梅雨の季節を迎え、台風と共に、雨はほどほどに降っていただきたいものです。

« 衣替え | トップページ | 風邪引いた »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4383/693957

この記事へのトラックバック一覧です: 洪水ハザードマップ:

« 衣替え | トップページ | 風邪引いた »